塩の湯温泉 ふれあい館・サンセット中条がリニューアルオープン @新潟県胎内市

2021年09月18日

塩の湯温泉 ふれあい館・サンセット中条がリニューアルオープン @新潟県胎内市

20210918NEW塩の湯.JPG

毎年恒例の休館に伴い改装の為2021/6/7から長期休館をしていた新潟県胎内市にある塩の湯温泉のふれあい館とサンセット中条ですが、2021/9/17に営業再開しまたので早速行ってきました。

訪問時はあいにくの雨、しかし3連休の初日とあって多くの利用客がが訪れていました。その為、外観以外は写真撮影を控えました。ご了承ください。

外観は以前と変わりない様子でした。

ふれあい館の玄関を入ってみると、ロビーや休憩室も外観同様にぱっと見変化なかったです。細かい所は何気に綺麗になっているんでしょうが、床が張り替えられていた以外は分からなかったです。それと、ふれあい館ではスリッパが廃止された模様。

ひとまず、お昼を食べてなかったのでサンセット中条へ。こちらは今までどおりスリッパ有りでした。食堂や廊下なども変化なかったです。しかし、食事の注文は食券の券売機が設置されていました。

食後にサンセット中条側の浴場を覗いてみると、スリッパの数から先客が3名ほどでしたので、こちらから利用してみました。脱衣場で変わった所は、新しくはなってないものの、棚などの数が減らされていました。洗面台は新しくなってました。天井も張り替えたようです。浴室とを仕切る引戸は全面透明なガラスとなっていて双方の様子が良く見える様になってました。浴室内で大きく変わった所は洗い場です。洗い場側の壁は全面張り替えられていて、シャワーやカランも新しくなってました。仕切りも付いています。窓も交換したようでした。あとは細かい所がちょこちょこといった感じ。訪問時は肝心のお湯がサンセット中条ではこれまでに経験したことがないほどぬるめとなっていました。42℃〜43℃ほどでちっとも熱くなかったです。投入量も絞られてるのか湯が少し鈍って通常よりも白濁りもしていました。それでも、源泉自体は変わりないようで長く入っていると良く温まります。

少し汗が引くまで休んで、お次はふれあい館に。通常は一日で両方の湯に浸かる事はほぼ無いのですが、今回は特別に頑張りました。ふれあい館の脱衣場は脱衣籠が収められている棚が新しくなっていました。スリッパ置き場だった所も何用かは分かりませんが天井まで大きく変更となっていました。洗面台の蛇口は自動水栓に。あとは塗り替えや張替えが行われただけの様です。鍵付きロッカーは以前のままでした。ふれあい館の浴室も間取りや配置に変更はないものの、壁から天井、窓、浴槽の底まで全面的に新しくしたようで、とても綺麗になっていました。こちらも洗い場は仕切り付に変更となっていてカランも全て新しくなっていました。しかも、シャワーの水圧が強くなっていました。水圧が強いと周りに飛び散らないか気を遣う必要があるので、従来の強さで良かったのですけど、一般的に考えれば弱弱しかったので仕方ないでしょう。窓は上下3段に仕切られたタイプとなって二段目の窓しか開かないようになってました。また、一番下の一段目は全面的に曇りガラスになっていて外が全く見れなくなっていました。正直、外は大した景色ではありませんでしたが、外は見れた方が良かったなと思います。湯は以前と変わらず43℃前後。サンセット中条よりも僅かにこちらの方が熱かったかもしれません。


至る所が老朽化で傷んでいて、浴室の天井はカビだらけだった以前の状態を思い起こすと、とても綺麗になったので大変嬉しくなりました。これからも足繫く通うことでしょう。泉質の特性から設備の維持管理は大変かと思われますが、これからも末永く営業を続けてもらいたいと願います。




◆新潟県下越(北部)の訪問施設一覧

◆関連記事


2021/09/18


posted by しんのすけ at 18:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※表示を希望されない場合は、コメント欄に「非表示希望」と入力してください。