蔵王温泉 川原湯共同浴場

2018年05月20日

蔵王温泉 川原湯共同浴場


20171116蔵王温泉川原湯 (5).JPG
川原湯共同浴場は山形県山形市の蔵王温泉にある3軒ある共同浴場のうちの1つ。

場所は上湯共同浴場と下湯共同浴場がある高湯通りの一本隣の湯の香通り沿い。

20171116蔵王温泉川原湯 (2).JPG
道中は湯気の立ち込める川があったり

20171116蔵王温泉川原湯 (3).JPG
駐車場の一角に源泉があったりと、温泉マニアなら気になるスポットが沢山あって楽しくなってきます。

20171116蔵王温泉川原湯.JPG
上湯共同浴場の前の道を左に折れ、ほんの少し歩くと直ぐに見えてきました。

20171116蔵王温泉川原湯 (4).JPG
直ぐ隣には日帰り施設でもあり温泉宿でもある「すのこの湯かわらや」があります。

かわらやさんの敷地に寄り添うように建つ川原湯共同浴場は敷地が足りないのか狭いスペースに無理やり建てた様にも見えます。その為か、こちらは他2つの共同浴場に比べて少し小ぶり。しかし、新しさは3つのなかでは一番新しそうです。

こちらも他二つの共同浴場同様に入口に料金箱がありますので、料金を入れてから入ります。

20171116蔵王温泉川原湯 (6).JPG
脱衣場は脱衣棚のみで洗面台も無いです。

20171116蔵王温泉川原湯 (12).JPG
浴室側から見るとこんな感じ。正直、狭いです。
しかし、偶然にも訪問時は誰も居なく狭いのは全く問題ありませんでした。


◆浴室
20171116蔵王温泉川原湯 (7).JPG
こちらもあるのは浴槽だけです。
浴槽は4人サイズ程。浴槽内の板は格子状になっていて隙間があります。それと、上湯同様に温泉成分によって白くコーティングされています。

20171116蔵王温泉川原湯 (8).JPG
浴室内は落ち着いた雰囲気。

20171116蔵王温泉川原湯 (14).JPG
露天風呂の景色とはまた違いますが、こうやって見上げながら湯に浸かっていると癒やされます。


◆湯
上湯共同浴場の湯同様に基本は無色透明で、白い湯花が舞うと白濁りして見え、味も酸味があります。湯温は43度程でした。
20171116蔵王温泉川原湯 (13).JPG
こちらは湯口かと思いましたが、温度調節用の水でした。湯口は無いようで、浴槽内の隙間から湯を湧出させている様です。どうやらこの辺は元々河原だった様で、そこで源泉が湧出しているところに浴場を建てたらしいです。なので、湯は一度も空気に触れること無く浴槽内に注ぎ込まれている事になりますので、鮮度はとても良いものと思われます。

他に利用客が居なかったことから、上に置いてあった水を逃がすためのホースを使用し、一時的に加水を止めさせてもらいました。



設備面では他の浴場に比べて小さく洗面台も無いですし、他に3、4人居たら満員です。
しかしながら、川原湯が個人的な好みでは今回のなかで一番のお気に入かもしれません。

20171116蔵王温泉川原湯 (17).JPG
ちなみに、川原湯共同浴場は裏から見るとこんな感じです。
屋根がカーブしていて、なんだか可愛いです。

20171116蔵王温泉川原湯 (16).JPG
こちらも後には温泉が垂れ流されていて川となっていました。まさに川原湯ですね。



◆Data
訪問日2017/11/16
施設名川原湯共同浴場
TEL
023-694-9328
(蔵王温泉観光協会)
URLhttp://www.zao-spa.or.jp/
住所山形県山形市蔵王温泉43-3
地図Googleマップ
入浴料金
大人200円 小人100円
営業時間6:00〜22:00
定休日無し
源泉名川原湯共同浴場源泉
泉質
酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
(硫化水素型)
昭和63年10月
掛け流し
加水あり
加温・循環・消毒なし
鍵付ロッカー無し
ドライヤー無し
シャンプー類無し
露天風呂無し
サウナ無し
タオル無し
食堂無し



◆山形県の訪問施設一覧

◆周辺の温泉施設記事



人気ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになりますので、よろしくお願い致します。


2018/05/20


posted by しんのすけ at 18:10 | Comment(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※表示を希望されない場合は、コメント欄に「非表示希望」と入力してください。