蔵王温泉 上湯共同浴場

2018年05月13日

蔵王温泉 上湯共同浴場

20171116蔵王温泉上湯 (12).JPG
上湯共同浴場は山形県山形市の蔵王温泉に3軒ある共同浴場のうちの1つ。温泉ファンならば誰もが知っているところですので、今さら書き綴る必要もないかと思われますが、湯巡り記録ということで、あえて紹介させてください。

場所は蔵王温泉の旅館が集中している、蔵王中央ロープウェイと蔵王スカイケーブルの間の辺り。

なんだか無性に蔵王温泉に浸かりたくなり、たまたま貰えた平日休みを利用し、久しぶりに行ってみることにしました。

蔵王温泉に来るのは2、3年振りでしょうか!?
スキーをしていた頃に共同浴場にも寄っているはずなのですが、記憶も全く無くなっているので、ほぼ初訪問みたいなもんです。

訪問時は11月の半ば、その年の初雪が降ったみたいで辺りは銀世界。さすがにシーズン前の平日、観光客の姿はほとんど見られません。
時間も有ることから、せっかくなので、近くにある駐車場に車を停め、歩いて三つの共同浴場を巡ってみる事にしました。

20171116蔵王温泉.JPG
まずはタイトルどおりの上湯共同浴場に向かいます。

20171116蔵王温泉上湯.JPG
高湯通りと呼ばれる通りの一番上にあり、更に上は酢川温泉神社があります。
写真は神社側から見た共同浴場の裏側。

外観は正に共同浴場。オール木造建築で風格もあります。以前は建物がこんなに新しくなかったと記憶していますので、ここ数年の間に建て替えられたものと思います。

入口に料金箱があり、料金を投入してから入ります。

20171116蔵王温泉上湯 (11).JPG

20171116蔵王温泉上湯 (6).JPG

20171116蔵王温泉上湯 (9).JPG
脱衣場はこんな感じ。脱衣棚と洗面台があるのみ。
狭いので、私の低性能のカメラでは全体を撮れませんでした(汗)

20171116蔵王温泉上湯 (10).JPG
天井には明り採りの窓もあり、薄暗さは全くありません。


◆浴室
20171116蔵王温泉上湯 (4).JPG

20171116蔵王温泉上湯 (5).JPG
浴室は4、5人サイズの浴槽が一つだけ。オール木造で、浴槽も木製です。


◆湯
20171116蔵王温泉上湯 (3).JPG
湯は基本的には無色透明ですが、細かい白い湯花が漂っていて若干濁って見えます。味は当然ながら強酸性ですので酸味がします。匂いは単純に硫黄臭だけでなく酸っぱい匂いもほのかにします。湯温は42℃前後。

私としては、もっと熱い湯が良かったのですが、意外にも適温。加水して温度調整されているみたいです。まあ、考え方を変えればゆっくりと長湯ができるので、これはこれで良いのかな!?とも思いました。



混んでいたら、正直ゆっくりとはできない広さですが、空いていれば、お湯だけを楽しむという意味では十分な施設かと。浴室内の落ち着いた雰囲気も格別でした。

老舗温泉の共同浴場という雰囲気に酔いしれながら長湯したかったのですが、今回は残り2ヶ所の共同浴場も巡るという目的があったので、温まり過ぎないうちに次へと向いました。



◆Data
訪問日2017/11/16
施設名上湯共同浴場
TEL023-694-9328(蔵王温泉観光協会)
URLhttp://zao-spa.or.jp/
住所山形県山形市蔵王温泉45-1
地図Googleマップ
入浴料金
大人200円 小人100円
営業時間6:00〜22:00
定休日無し
源泉名大湯1号源泉
泉質
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
54.0℃(平成21年2月)
掛け流し
加水あり
加温・循環・消毒なし
鍵付ロッカー無し
ドライヤー無し
シャンプー類無し
露天風呂無し
サウナ無し
タオル無し
食堂無し



◆山形県の訪問施設一覧

◆周辺の温泉施設記事



人気ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになりますので、よろしくお願い致します。


2018/05/13


posted by しんのすけ at 14:03 | Comment(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※表示を希望されない場合は、コメント欄に「非表示希望」と入力してください。