童謡のふる里おおとね温泉 100の湯

2017年10月08日

童謡のふる里おおとね温泉 100の湯


20170803おおとね温泉100の湯.JPG
「童謡のふる里おおとね温泉 100の湯」は埼玉県加須市にある加須市大利根総合福祉会館内にある温泉施設。

20170803おおとね温泉100の湯 (2).JPG
ちなみに、「100の湯」と書いて「とねのゆ」と読みます。

場所は加須市の大利根運動公園の隣で、大利根文化体育館の裏辺り。少し分かりづらいですが、運動公園の周りを一周すれば案内看板が出ているので見つけられるはずです。

20170803おおとね温泉100の湯 (3).JPG
玄関を入ると誰もいません(汗)総合福祉会館なので様々な福祉施設が入居している為ではないかと思われます。
とりあえず下駄箱に靴をいれ、左奥へと進みます。

20170803おおとね温泉100の湯 (5).jpg
左手に売店を兼ねた受付がありますので、そちらで料金を支払います。
浴室は更に奥の突きあたりになります。

20170803おおとね温泉100の湯 (6).jpg
途中、大広間の休憩室なんかもあります。カラオケもできるようで、私が帰るときにはお爺ちゃんが一人で熱唱されていました・・・

更に大広間の向かいには給湯所があって、その一角に機械室の入口があるのですが
20170803おおとね温泉100の湯 (7).JPG
扉が全開でした・・・ 誰か作業しているのかなと思い覗いてみるも誰もいません。かなりオープンですね(笑)

20170803おおとね温泉100の湯 (9).jpg
脱衣場はいかにも福祉施設といった感じ。新しい感じではないですが、綺麗にされてますし空調が効いているので快適でした。扇風機やドライヤーも備わっていて不便はありません。

◆浴室
20170803おおとね温泉100の湯(11).jpg
浴室はいたってシンプル。タイル貼りの浴室で広さは6〜8畳ほど。正方形の4〜5人サイズの浴槽とシャワー付カランが3基のみ。
洗い場の直ぐ後ろに浴槽がある為、シャワーの湯が浴槽の人にかからないよう気を使う必要があります。


◆湯
湯は薄い茶色透明で塩味。臭いはほぼ無臭ですが、地元新潟県海岸沿いの温泉で感じる事のある臭いを僅かに感知しました。湯温は40〜41℃ほど。加温・消毒しているのは残念ですが、加水・循環してないのが高ポイント。意外にいい湯でした。



食事処が無いので一日のんびりとはいきませんが、大広間もありますし、料金も安く、気軽に利用できる施設でした。「運動や仕事帰りに一風呂、できれば温泉がいいな」と思った時に便利かと思います。



◆Data
訪問日2017/8/3 
施設名加須市大利根総合福祉会館 100の湯(とねのゆ) 
TEL
(平日)0480‐72‐5069
(土日祝日)0480‐72‐4257
URL
(加須市HPトップ>市民の方へ>福祉・介護>高齢者福祉>100の湯)
住所埼玉県加須市琴寄903
地図Googleマップ
入浴料金
市外大人500円 小人400円
<市内に住んでいる方>
 0歳~3歳 無料
 4歳〜12歳 200円
 13歳〜69歳 300円
 70歳以上 200円
 市外(久喜市を除く)の方は上記料金プラス200円
営業時間10:00〜20:00 
定休日
火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始は無休
源泉名童謡のふる里おおとね温泉 
泉質
分析表には表示無し
成分総計8229.6mg/kg
41.3℃(平成26年12月)
(加須市HP:ナトリウムー塩化物泉(等張性・中性・温泉))
掛け流し
加水・循環なし
加温・消毒あり 
鍵付ロッカーあり(100円リターン) 
シャンプー類あり 
露天風呂無し 
サウナ無し 
タオル無し
食堂無し 



人気ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになりますので、よろしくお願い致します。


2017/10/08


タグ:関東日帰り
posted by しんのすけ at 18:35 | Comment(2) | その他の地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんのすけさん、利根川と言えばONKEN21です、ご無沙汰しております。
埼玉の温泉でしんのすけさんのレポを初めて拝読させていただきました。
おおとね温泉100の湯とは埼玉にしては唯一無二?の渋い施設を選ばれましたね。
私はここに温泉が導入された12年前の2005年に2度ほど訪れて以来行っていません。
http://www.travelog.jp/user/album_j/album_view.php3?userid=ONKEN21&seqno=2&page=26
そうは言っても埼玉では珍しく地方によくあるB級の施設、お湯も掛け流しで良いと思います。
埼玉では首都圏にあって都会的な近代的なスパ銭が多いのですが、後背地に東北と北関東信越を抱えてますから、その影響というか、そちら方面の方々にも支持されるような温泉も少しながら見受けられますね。
例えばさいたま市大宮見沼の非加熱ぬる湯掛け流しの「小春日和」とか、全国的な知名度だと生源泉の「さいたま清河寺温泉」、武蔵野らしい露天風呂のある@nifty全国トップの常連の「杉戸天然温泉雅楽の湯」、今年オープンの新顔ですと「熊谷天然温泉花湯スパリゾート」なども埼玉は無論、群馬・新潟方面からも支持を集めています。
しんのすけさんも東京方面に行かれたついでにでも是非寄られてみて下さいね。
Posted by ONKEN21 at 2017年10月26日 23:28

>ONKEN21さん

お久しぶりです。情報ありがとうございます。
こちらの施設は埼玉県で仕事があった際、近くに温泉がないかと探してみたところ、たまたま見つけて訪問しました。私好みの雰囲気で当たりの施設であったと思います。
ONKEN21さんがおっしゃるとおり、埼玉県は近代的なスパ銭が多く、そちらの方を選ぼうとすると何処にしようか迷ってしまいます。
次回は紹介頂いた施設に的を絞って行ってみようと思います。
Posted by しんのすけ at 2017年10月29日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※表示を希望されない場合は、コメント欄に「非表示希望」と入力してください。